40半ばで職を失うことの意味

40代半ばで20年以上勤め上げた会社をリストラされました。
あと20年は働けます。マンションのローンもまだ残っています。

リストラされた当初、新しい職場へ転職するに際して、給料ダウンはある程度やむをえないだろうと思っていました。

年に800万弱ぐらいは給料をもらっていたと思います。

また大手で働けるとは限らないし、年100万~150万ぐらいはダウンしてもしょうがない。
こういう風に思っていました。

しかし、蓋を開けてみると、1年以上転職活動をしているのに、一つも転職先が決まらないという現実。今では応募してる企業の給与体系はいずれも年収350万円弱と、前職の半分以下という有様。しかも一社も決まらず。

なぜ、20年もサラリーマン経験がある私が100社以上の企業からの採用を断られ続けているか。
理由は明白で、他にもっと適切な人材がいるからということです。

年収350万円弱の企業に必要なのは、バブル期に採用された中年の大手メーカー出身者ではなく、若くて、ITに詳しくて、体力がある若手の人材でしょう。現場も若者の方が使いやすいでしょうし。

私が採用担当者だったとしても、同様の選択をしますから。そこを責めることは出来ません。

そうした若い人材すら、就職活動に手こずっているので、いわんや中年親父、、ですね。

もう貯蓄も底をつきてきました。